アーティラルカラコン14mmのDIA

アーティラルカラコンといえば、DIA14mmというのが一つの特徴です。
このサイズについては意見もいろいろありますよ。
小さいからナチュラルという好意的な意見もあれば、小さすぎて盛れないという声も。
じゃあ、ベストサイズは何ミリなの?って質問すると、誰にも答えようがないのが現実です。
日本人の黒目の大きさっておおよそだけど12mm程度らしいのです。
つまり、それは平均であって、みんな同じじゃないってこと。

だから、14mmだからってみんな同じように見えるわけじゃないんですね。

でもね、サイズが小さいのは個人的に快適だと思うよ。
大きければ大きいほど、目の酸素が不足しそうなんだもの。

自然さで推すならアーティラルになるけど、別の角度から見るとこういうのはどうでしょうか。
40種類以上のデザインから選べるミーティアカラコンは目立ってますね。これなら好みが分かれるカラコンでもお気に入りが見つかりやすいかなと思います。
私がミーティアカラコンについて思うことは、今求められてるタイプのカラコンかなって感じかな。
誰かが使ってるからって理由ではなく、ヘビーユーザーになってくると、好みがはっきりしてくるんではないかなと。
もっとこういうのがいいとか、もう少しレンズ直径が違ったらみたいな思いになってくるんではないかなと。
だから、いろんなブランドのを探してみたりするのかもね。ミーティアだけでこれだけ種類があるってことは、その中だけでいいのが見つかりそうな気がするものね。そして、実際に装着画像とかを見てるだけで楽しくなってくるんです。
他のカラコンとの違いは、ミーティアの中からだけで、好みが見つかりそうなくらいのバリエーションがあるってこと。
ナチュラルなのもあるしハーフ系もあるし、ドーリーなのから個性的なのやデカ目のまで。
レンズ直径も種類があるんで、14.3mmがあると思ったら15.0mmのもあったり。
度なし1,980円の1年使用なんで、2ペアを選んでつけ比べてみるのも楽しいかもね。
シリーズが多いけど、その中にもさらに細かいシリーズがある感じがするミーティア。
どういうことかというと、このミーティアだけで十分一つのブランドになりそうなくらいのデザインが揃ってるってことなんです。
ナチュラル系、ハーフ系だけでもそれぞれ10色を超えるラインアップがありますからね。
ただ、ほとんどは度なしだけの発売なので、度ありなら、選べるのはかなり減ってしまいます。
もし度なしでいいのなら、この中から見ていくと、結構細かく自分好みが見つかりやすいかもしれませんね。
アーティラルカラコンのワンデーでより安全に付けたい
絶対安全はないけど、アーティラルカラコンであれば、優位になるのではないだろうか。